日本のアニメを英語字幕で見れるサイトはどこ?お勧めサイト4選ピックアップ!!

日本のアニメを英語字幕で見れるサイトはどこ?お勧めサイト3選ピックアップ!!

海外のアニメはそのまま英語で見れても、日本のアニメを英語で視聴できるサイトってなかなかありませんよね。

日本にはたくさんの動画配信サービスがありますが、基本日本のアニメは日本語のままです。
英語字幕や英語音声に切り替えて見ることができません。

自分自身も英語の勉強のために、とちょっと前に日本のアニメを英語で見れるサイトをいろいろ確認しました。

ここでは、自分が確認できた日本のアニメを英語で楽しめるサイトを4つご紹介したいと思います。



Netflix (ネットフリックス )

自分がまず一番お勧めなのがNetflix(ネットフリックス)です!

実際今も自分自身が使用し、日本のアニメからドキュメンタリー番組まで、英語で動画を見ています。

Netflixのアニメは英語字幕だけでなく、英語の音声にも切り替えることもできます。
その英語音声も機械音声ではなく、ちゃんとしたネイティブの声優さんの吹き替えです。

英語のリーディング・リスニングのどちらにも対応しているのがNetflixです。

ただ、全ての日本のアニメが英語で見られるわけではありません。
人気作品等に限定されています。

ジョジョの奇妙な冒険・サイコパス・攻殻機動隊・東京喰種・Fairy Tail・ソードアートオンライン・ヴァイオレットエヴァ―ガーデン・Netflixオリジナルアニメ等々は英語の字幕と音声の両方で見ることができました。

価格はベーシックプランが990円・スタンダードプランが1490円・プレミアムプランが1980円となります。

画質にこだわらず、スマホもしくはパソコンやiPadなど1台のデバイスでしか見ない、という方はベーシックプラン。

HD画質で、スマホとパソコンの両方で見る、など2台のデバイスを同時に使いたい方はスタンダードプラン。

最高画質で4台のデバイスを使って楽しみたい方はプレミアムプラン。

がお勧めです。

英語のアニメが気になる方は、最初の31日間は初回無料でお試しすることができます。

Netflixのメリット
  • ネイティブの英語音声も聞ける
  • 大手の動画配信サービスという安心感
Netflixのデメリット
  • 作品数はそれなりに限定される
契約プラン月額料金画質同時再生可能デバイス
ベーシック990円SD (480p)1台
スタンダード1490円HD (720p / 1080p)2台
プレミアム1980円HD / UHD 4K (2160p)4台

Crunchyroll (クランチロール)

Crunchyroll(クランチロール)日本のアニメに特化した海外の動画配信サービスです。

海外の日本のアニメファンの方の間では有名なサービスです。

元々はアメリカで始まったサービスですが、ソニーの子会社であるSony Pictures Entertainmentが、先日2021年8月に買収しました。

ソニーが海外へのアニメ配信事業に本格的に乗り出してきたということですね!
ますます日本のアニメ・マンガ業界は今後世界でも盛り上がっていくことが予想されます!

Netflixとの違いは、まずアニメに特化している部分です。

Netflixより作品数も多く、ほとんど全ての作品に英語字幕がつきます。
音声に関しては日本語のままとなります。

その他に漫画まで英語で読めてしまいます。
これは大きなメリットですね!

ですが、なにより大きな一番の大きなメリットは無料でアニメを楽しむことができる点です。
これはかなりありがたいですね!

ただ、動画内に広告はつきます。

YouTubeのように広告宣伝が入る代わりに無料で楽しめる、という形ですね。
有料会員になれば広告は消すことができます。

ここまではかなり便利なサービスのように思えるのですが、Cruncyrollにはもっと根本的に唯一大きな欠点があります。

それは、日本からでは見ることができない点です。

日本からアクセスしてもCrunchyrollのアニメを見ることができません。
見れるのは数作品の作品のOVAやOPぐらいです。

いや、それだったら最初から紹介しないで、という話ですが、この問題を解消できる方法が1つだけあります。

それがVPNです。

名前を聞いたことがある方も多いと思います。

VPNは世界の国々に設置されたVPNサーバーに接続し、各国のIPアドレスを使用しインターネットにアクセスできるようにするサービスのことです。

このVPNを利用すれば日本にいながらCrunchyrollを楽しむことができます。

ちなみにVPNは中国・イラク・アラブ首長国連邦・ロシア等々の国々では使用は禁じられているのでご留意ください(ただ実際はそれらの国々でも普通に使っている人も多かったりですが)。

アメリカ・カナダ・イギリスは合法的にVPNの使用は認められています。

VPNはExpressVPNNordVPNSurfsharkあたりが最も知名度があり人気ですが、どれも1年契約した場合の月額は500円~800円ぐらいですね。

VPNを契約して英語字幕でアニメを楽しみたい、という方にCruncyrollはお勧めできます。

有料会員の価格(月額)はFANプランが約880円($7.99)・MEGA FANプランが約1100円($9.99)・ULTIMATE FANプランが約1650円($14.99)となります。

それぞれの大まかな違いは、同時再生可能デバイスの数とオフライン視聴ができるか、Crunchyrollストアの商品を割引価格で購入できるか、といった部分です。

広告はもちろん有料会員になれば全て消えます。

後ULTIMATE FANプランは毎年なにかしらプレゼントが送られてくるようです。

各プラン詳細は下記の表の通りとなります。

Crunchyrollも14日間ではありますが、無料の体験期間があります。

Crunchyrollのメリット
  • ほぼ全ての作品の英語字幕を確認できる
  • 漫画も読める
Crunchyrollのデメリット
  • VPNも同時に契約する必要がある
  • 無料会員は広告がつく
  • 音声は日本語のまま
契約プラン月額料金オフライン視聴ストア割引同時再生可能デバイス
FAN約880円($7.99)不可無し1台
MEGA FAN約1100円($9.99)有り4台
ULTIMATE FAN約1650円($14.99)有り6台

Funimation (ファニメーション)

クランチロールと同様に日本のアニメ特化サイトとして有名なのがFunimation (ファニメーション)です。

こちらも現在ソニー傘下のサービスです。
CrunchyrollもFunimationもどちらもソニーの傘下にあります。

Crunchyrollとの違いは、英語字幕だけでなく英語音声でアニメを楽しめる点です。

Funimationの方が英語学習者にはリーディングもリーディングも両方勉強できるのでありがたいですね。

ただし、Crunchyrollの方がアニメの種類は多いです。
ニッチなアニメはFunimationにはありません。

無料でアニメを楽しめますが、無料会員には広告も途中で入ってきます。
ここはCrunchyrollと一緒ですね。

また、FunimationもCruchyrollと同様に日本から見ることができないという大きな欠点があります。

なので、こちらもVPNを使用して見ることになります。

有料会員の価格帯(月額)はPremiumプランが約660円($5.99)・Premium Plusプランが約880円($7.99)・Premium Plus Ultraプランが920円(8.33)です(Premium Plus Ultraは年契約で99.99なので月額換算しています)。

プランごとに同時再生可能なデバイスの数やオフライン視聴ができるか等の違いがあります。

各プラン詳細は下記の表の通りとなります。

Funimationも14日間の無料の体験期間があります。

契約プラン月額料金オフライン視聴ストア割引同時再生可能デバイス
Premium約880円($5.99)不可無し2台
Premium Plus約1100円($9.99)有り5台
Premium Plus Ultra約920円($8.33)有り6台
Funimationのメリット
  • 英語音声と英語字幕の両方を楽しめる
Funimationのデメリット
  • VPNも同時に契約する必要がある
  • 無料会員は広告がつく
  • ニッチなアニメ作品はない

Amazon Prime US (アマゾンアメリカ)

アマゾン(Amazon)は真っ先に思い浮かべる場所ですよね!

ですが、日本のアマゾンプライムは全部日本語です。
元から英語の海外のアニメやドラマ以外は基本全部日本語です。

ただ、アメリカのアマゾンプライム会員でしたら英語で日本のアニメも楽しむことができます。

大きな問題点は、日本在住の日本人はアメリカのアマゾンプライムビデオを視聴することができない部分です。

つまりアメリカ在住の人でアメリカのアマゾンプライムに入らないと視聴できないわけです。

なのでこちらもVPNを利用して視聴する必要があります。

VPNを利用すれば、日本にいながらアメリカのアマゾンプライムビデオを楽しむことができます。

どのVPNも1年契約した場合の月額は500円~800円ぐらいの価格帯となります。
これにアメリカのアマゾンプライムの会費である$119(約1310円)(1年契約)がかかってくる形です。

VPNとアマゾンアメリカの会費をあわせると、だいたい毎月1600円~1900円で視聴できる形ですね。

アマゾンUSも最初の30日間は無料でお試しすることができます。

Amazon USのメリット
  • アマゾンUS内の作品を全て英語で楽しめる
Amazon USのデメリット
  • VPNも同時に契約する必要がある

日本のアニメを英語字幕で見れるサイト3選まとめ

VPNを契約せず英語の字幕も音声も楽しめるので、個人的にはNetflixがお勧めです。

ただ、全てのアニメが英語で見れるわけではないのがちょっと残念。

VPNを同時契約しても良い、という方にはCruncyroll・Funimation・Amazon Prime USという選択肢もありますね。

英語の字幕だけ確認できれば十分、ついでに漫画も読みたいという方はCrunchyrollがお勧めです。
有料会員になった場合はついでに漫画も読めちゃいます。

英語の音声と字幕の両方を楽しみたい人にはFunimationがお勧めできます。
リスニングとリーディングの両方を同時に鍛えることができます。

アメリカのアマゾンも良いですね!
プライムビデオ内の全ての動画を英語音声と英語字幕で見ることができます。

とりあえず自分は簡単に登録してすぐ見れたのでNetflixを今も継続して使っています。

でも英語の漫画やアメリカのアマゾンも気になるので、今後CruncyrollやFunimation・アマゾンアメリカのいずれかも追加で登録するかもです。