italki(アイトーキ)の使い方!初心者の方も気軽に使うことができます!

italkiの使い方

italki(アイトーキ)は言語学習で評判のあるサイトです。

自身も英語で海外とつながりたいと一番最初にはじめたのがitalkiです。
italkiってそもそも何?どんなサイトなの?と気になる方は下記に詳細まとめましたのでご覧ください。

「italki(アイトーキ)とは?評判はどんな感じ?」

ここでは実際の使い方の手順をご説明できればと思います。

※ 記事は2018年英語版italkiの使い方となりますが、2019年日本語版のitalkiの使い方を確認したい方は下記記事をご参照ください
「ITALKI(アイトーキ)の使い方を一から解説!2019年日本語版」



italkiの使い方

italki

まずは下記italkiのサイトにアクセスしてください。

トップ画面上部にSite languageというボタンがありここで日本語・英語と切り替えることが可能です。
この記事は英語での手順の説明となりますのでご了承ください。

次に右上の“SIGN UP”を押します。
Eメールアドレスとパスワードを入力して登録すします
もしくはfacebookで登録することもできます。

プロフィール

トップページにいったら、上部右端をクリックし、“Edit Profile”を選択してください。

italki プロフィール選択

Basic Information内の名前や出身地等はご自身の名前もしくはニックネーム等、個々にご設定ください。
写真もここでアップできます。
下にスクロールしてStudent Profile Informationにいきます。

What are you looking for (何をitalkiで求めていますか)
英語を学ぶため等italkiを使用する目的をご記載ください。

Student Short Introduction (簡単な学生自己紹介)
自己紹介文を入力する欄です。
ここは簡単な概略の自己紹介をご記載ください。

Student Long Introduction (詳細な学生自己紹介)
ここも上記と同様に自己紹介文を記載する場所です。
上記のStudent Short Introductionが簡単なプロフィールの紹介なのに対し、ここにはより詳細な自己紹介をご記載ください。
プロフィールを他の登録者がクリックした時、この詳細プロフィールが表示されます。

一番下のEdit Communication Tools(コミュニケーションツール)には、SkypeやFaceTime等を入力できる形です。
ここは持っている人はアカウント等記載してもよいかもしれませんが、ここに入力した内容はプロフィール等にも表示されますので、他の人も確認することができます。

ランゲージパトナー・友達になれる人を探そう

プロフィール設定が完了したら、トップ画面に戻ります。
画面トップにCOMMUNITYと表示があるので、そこからLanguage Partnersを選びます。

italki ランゲージパートナー

ここでは自分の学びたい言語、相手の性別、出身国等、自分に適した相手を探すためにフィルターをかけます。
一番上の枠に“Find a language partner to practice (ランゲージパートナーを探す)”と表示がありますが、ここには自分の学びたい言語を入力します。

italki ランゲージパートナーの探し方

Learning : 言語 (相手が学びたいと思っている言葉)
Gender : 性別
From : 出身国
Native Speaker : ネイティブスピーカー
Living in : 住んでいる場所

個人的にはですが、Learningは日本語を設定することをお勧めします。
相手が日本語を勉強したいと思っている人の方がお互いに教え合えるランゲージパートナーとなれるからです。
もし、言葉はただ英語を話せるだけでなく、英語のネイティブスピーカーと話したい等こだわりがある場合には、FromをUnited Kingdom, United States, Canada, 等ご自身のご都合に合わせて英語が母国語の国を選択してください。
もしくはNative Speakerにチェックを入れても、ネイティブの方のみが表示されます。

上記フィルターをかけた場合、そのフィルターに適合した人達が一覧で表示されます。
プロフィール写真、名前、英語や日本語のレベル、現在学んでいる言葉、自己紹介文等が一覧で表示されるので、気になる人がいたら右上のView Profileをクリックしましょう。

すると、より詳しい自己紹介が表示されます。
自己紹介文以外にも、その人がこれまでにitalkiの中でレッスンを受けた数、逆に教えた数、友達等詳細も確認できます。

この人とつながりたいと思ったら右上の“Send message”からメッセージを送りましょう。
“Add as Friend”というボタンもありますが、いきなり連絡なしに友達に加えるのは、個人的にどうかな?とも思うので、まず最初はメッセージを送ってみて、了承を得た後に友達になることをお勧めします。

文を添削してあげよう&添削してもらおう

添削してあげる場合

トップページ上部のCOMMUNITYよりNotebookを選択してください。

italki ランゲージパートナー

するとずら~っと、添削してくださいと投稿した方々の文が一覧ででてきます。
この時表示されている質問は英語からスペイン語、ドイツ語、日本語語等なんでもランダムです。

英語が堪能な方なら、他の方の英語も添削できるかもしれませんが、日本人でしたらやはり日本語が強いですよね。
ということで、最初に日本語の質問のみがでてくるようにフィルターをかけることをお勧めします。

上部に表示されているWritten in Any languageの欄にJapaneseと打ち込みましょう。
もし投稿者の母国語も指定して抽出したい場合には、その隣のAuthor’s native languageにもEnglish, German等言語を入れます。

italki 添削分フィルター

抽出された日本語の質問一覧の中で、気になる文、訂正してあげられそうな文を見つけたらクリックしましょう。

ちなみにこの時、各投稿の下に0 correction(s)という表示があると思いますが、これはまだ回答数が0ということです。
1等表示があったら、1回回答されているということなので、できればcorrectionが0の、回答がまだきていない投稿に回答してあげると良いかもしれません。
ですが、回答が既にあるからもう回答してはいけないということではなく、その回答があまり正しくないなと感じた場合など、2回でも3回でも適切な回答を他の人がしてあげることもあります。

italki 添削回答数

詳細文を確認し、添削してあげる場合には、“Correct this entry”をクリックします。
添削ではなく、ただコメントをしたい場合にはその左にある“Add a comment”をクリックします。

Correct this entryはこのような画面になります。

italki 添削文

日本語の文が表示されているので、添削してあげましょう。
余分な部分は横線で消して、改訂した部分は黄色のマーカーでマークしてあげると分かりやすいかもしれません。

試しに改訂してみます。
こんな感じです。

italki添削文

自分の日本語合ってますかね、訂正しておきながら自信が・・・(;^_^。
ま~きっとだいじょぶ、後はその下のSubmitをポチッとクリックして、終了です。
この文を訂正してあげた回数等は、他の方がプロフィール詳細を確認した際に一緒に表示されます。

添削してもらう場合

Notebook右端に“Write a notebook entry”というボタンがあるのでクリックしてください。

italki 添削投稿

Write a notebook entryという画面になります。
タイトル・文等を入力しSubmitで提出しましょう。

italki 添削文入力画面

Notebook entry title : 件名
Notebook entry : 訂正してもらいたい文章
This notebook is written in : 英語、スペイン語等訂正文の言葉
Upload a picture : 参照画像等も必要な場合ここから添付できます

文を訂正してもらえた場合はメッセージ等で通知がきます。

先生を見つけよう

トップページ上部FIND A TEACHERをクリックします。

italki 先生を探す

ランダムにいろいろな先生が表示されますが、自分に適した先生を探すためにもフィルターをかけます。

まず一番上の検索窓には英語、スペイン語等、自分の学びたい言葉を入力します。
その下にTeacher Type、From、Hourly Rate、Teacher Speaks、Advanced/Native、Skillsと表示があるので、ご自分の状況に合わせてフィルターをかけてください。

italki 先生 フィルター検索

Teacher Type : 先生のタイプ(プロであるProfessional Teacherまたはアマチュアであるcommunity Tutorから選べます)
From : 先生の住む国
Hourly Rate : 料金($4~$80の間で選べます)
Teacher Speaks : 先生が話す言葉
Advanced/Native : 上級者/母語話者 (ネイティブから学びたい場合はNativeを選択してください)
Skills : Beginners (初心者向け)、Business (ビジネス向け)、Test Preparation (テスト準備向け)

フィルターにかけた条件に適した先生が一覧ででてきます。
気になる先生がいたら先生の名前かView Profileをクリックしてください。

先生の自己紹介分詳細を確認することができます。
下記評価等の詳細も確認できます。
自己紹介動画も一番上部にでているので、クリックして確認してみましょう。

Rating : 評価
Students : 教えてきた生徒数
Lessons : 教えてきたレッスン数

Language Skills : 先生が話せる言葉
Teaching Specialities : 先生がフォーカスする人、年齢層等 (初心者・子供・大人向け等)
Personal tags : 先生の特徴 (フレンドリー、発音がきれい等)
Teacher since : いつから先生をやっているか

料金は右端に表示されています。
もし“BOOK TRIAL LESSON”という表示があれば、初回に限りお試し価格で受けることができます。
初回は30分から低価格で受けることができますので、初めての受講の場合このBOOK TRIAL LESSONをクリックして受講することをお勧めします。

いいや、もう最初からこの人で問題ないという人はその下の“SCHEDULE LESSON”からお申込みください。
こちらからでもTRIAL LESSONは選択可能なようです。

その前に質問が、という方は“CONTACT TEACHER”より直接メッセージを先生に送って問い合わせませましょう。

先生が空いている予定等を知りたい場合は、“VIEW SCHEDULE”で詳細を確認することもできます。

また確認できるように、お気に入りのような形で保存しいた場合には、動画下にある“BOOKMARK”ボタンをクリックして保存してください。

ランゲージパートナーを選ぶ時のポイント

ランゲージパートナーを選ぶ時はできる限り日本語を学んでいる人を選ぶことをお勧めします。
その方がお互いに教え合える関係になれるし、ランゲージパートナーにもなりやすいからです。
そして、できれば自分の学びたい言語のネイティブであることも重要です。

もし今後Skype等で直接話していくことまで視野に入れるのでしたら、ネイティブであるだけでなく、どこの国・町・都市出身かまで見た方が良いかもしれません。
同じ英語でもアメリカ英語とイギリス英語があるように発音やイントネーション等が違ってくるからです。
また、日本でも場所によって方言やなまりがあるように、同じ国の中でも場所によって強い訛りのある州、地方があります。
メッセージのやり取りだけなら問題なくても、話すとなると訛りが強くて全く聞き取れないなんてオチになることもあります。

また、メッセージは1人に送って返ってこなかったから終わりではなく、パートナーができるまで何人でも送りましょう。
ただ、この送るメッセージも定型文をコピペ・量産して送ることはお勧めしません。
ちゃんと1人1人のプロフィールをしっかり見て、心を込めたメッセージを送りましょう。
メッセージの内容も自分が自分がと自分のことばかり主張するのではなく、こちらも相手に何を提供できるのか等添えてメッセージを送れると良いですね。
自分がもらって嬉しいメッセージを相手にも送ってあげましょう。

自分はここでけっこうたくさんの人とつながることができ、何名かはitalki外で今もSkypeで話したり、Facebookでやり取りしたりしています。

先生を見つけるときのポイント

先生は本気でその言語を学びたいのでしたらプロであるProfessional Teacherから学ぶことをお勧めします。
専門の教育課程を出ていたり、専門の資格を持っていたりと教えることのプロだからです。
逆にただフランクに話すだけでよいのでしたら、Community Tutorが良いと思います。
料金も1時間1000円前後で話すことができますし、本当に安い人は500円とかです。

どちらを選ぶにしても、動画とプロフィールの詳細はしっかり確認して決めましょう。
また、できれば日本語も同時に少し話せる人だと良いですね。
どうしても分からない場合は日本語に切り替えて質問することもできますし。
ただ、なかなか日本語も話せる先生はレアではありますが。

まとめ

italkiは個人的にはとても便利な言語学習ツールだと思いました。
自分と同じようなランゲージパートナーを探してつながるだけでしたらただです。
自分も実際有料で使ったことはなく、同じような海外のランゲージパートナーと友達になったり、文の添削に使用していました。

今後は恐らく有料で英語をProfessional Teacherから教えてもらうか、もしくは自分がCommunity Tutorとなって日本語を教えてあげられたらと思います。

その他italki(アイトーキ)関連記事
「ITALKI(アイトーキ)の使い方を一から解説!2019年日本語版」
「ITALKI(アイトーキ)とは?評判はどんな感じ?」
「ITALKI(アイトーキ)で日本語の先生になる方法と手順!!」