eBay(イーベイ)って本当に利益は出せる?稼ぐことはできる?経験談より実情をお伝えします!

黒板に描かれたはてなマークと虫メガネ

eBay(イーベイ)は今や日本でも有名になってきていますね。
とりわけ個人ビジネスや副業に関して調べている人でしたら、一度はその名を聞いたことはあるのではないでしょうか。

聞いただけで、なんか大変そうだしとそのまま触れずに終わった方も多いのでは?

実際自分も初めて聞いた時は興味を持ったものの、結局そのまま長い間触れずにいました、登録とかリミット制限とかいろいろ大変そうだし、と。

何より実際に利益を出せるのかも全くもって謎でもあったからです。

ですが、最終的にeBayに5~6年前に着手し、今現在も継続中です。
と言っても、本当にもう趣味程度ですが。

ここでは自分の経験談からeBayの実情がどうなのかをお伝えできればと思います。



eBay(イーベイ)って利益は出せるの?

考える女性とはてなマーク

結論から最初に言ってしまうとeBayで利益は出せます!

これは自分の経験から言えます。

確かにeBayが始まった当初に比べたら各段に利益を出すことは難しくなっていると思います。
自分も一番初めに開始した頃(5~6年前)、に比べて確実に競争も激しくなり、その頃よりずっと売れにくくなっているとも感じます。

ですが、利益は出せるか出せないかというとちゃんと出せます!
前述した通り趣味程度にしかやっていませんが、それでも利益はちゃんと出すことができます。

自分に関しては輸出メインですが、輸出輸入関係なく利益を出す人はしっかりと出しています。

ただ、全く利益が出ない人、下手すれば赤字になってしまっている人が多いことも事実だと思います。
恐らく、少しやって赤字になってしまった、出品しても全然売れないしもういいや、と辞めていってしまう人も多いと思います。

せっかく始めたのにもったいないなとも感じるのですが、正直向き不向きもあると思うので、それはそれで1つの決断かと思います。

ですが、せっかく興味を持ったのでしたら、せめて下記のポイントを心にとめて始めてみると、全く利益を出せなかったという事態には陥らないのではないかと思います。

eBay輸出で利益を出すためのコツ

黒板に書かれたHow To (eBay輸出で利益を出すためのコツ)

みんなが出しているから、人気だし自分も出そう、こんな感じで考えなしにさらっと商品を買って出品したらほぼほぼ赤字になると思います。

人とは違った視点で見てみたり、違った商品を出してみることも大切です。
ここではいくつか方法やポイントを取り上げてみたいと思います。

中古品を出す

商品には新品と中古品があります。

新品ではなく中古品を仕入れることで、利幅が大きくなる可能性があります。

新品は基本、価格はどこで買ってもほぼほぼ一緒です。
もちろんオークション等で買う場合は価格に差はでますが、それでもそれ程大きな差とはなりません。

一方で中古品となるとその値幅の差は大きいです。
商品のコンディションによって大きな差がでるためです。

ここでできる限り良い状態のものをできる限り安値で仕入れるのです。

安く仕入れられた分、他の販売者よりも安く販売することができます。
安ければ安い程注目も集まり売れやすくなります。

日本の中古品は海外の人からみて、状態が良いと見なされることが多いです。
海外で売り買いされる中古品は、日本のヤフオク等で下手をすればジャンク品扱いされているレベルの物が多かったりするのです。
日本の中古品は海外の人から見れば、かなり状態の良い商品に映るのです。

これも中古品が売れやすい理由です。

自分自身も何度も中古品は販売しており、実際に何度も売れています。

レアな物を出す

人がたくさん出している商品を同じように出品しても、ほとんど目立たないのでなかなか売れません。
唯一目立つ方法、売れやすくする方法はその中でも最低価格に設定することですが、それをしてしまうとほとんど利益が出ない、もしくは赤字になってしまうケースさえあります。

なので、あえてなかなか普通の人が手に入れられないようなレアな商品・限定品を出すという方法があります。

商品自体がレアなので、販売している人も圧倒的に少なく、目立ちます。
目立つので売れやすいです。
少し高値にしても、他に誰も販売者がいない場合には、他に購入先がないのでやはり売れます。

ですがこのレアな商品を出すことの難点としては、そもそもレアなので自分自身が手に入れることが難しいということです。
一体どこで見つければ良いの?という話です。

これは自分が実際に過去に何度か行った方法ですが、まず第一に“自分の足で探す”という方法です。

日本各地で様々なイベントが開かれていると思いますが、そこでしか買えない限定グッズ等が同時に販売されていることが多いです。
自分自身が参加しその限定グッズを購入するのです。
インターネットだけで誰しもが購入できてしまう時代だからこそ、アナログに自分の足を使って現地に行くことが益々大切になってくるのです。

またヤフオクもよくレアなグッズが販売されていたりします。
オークション形式なので値段もどんどん上がり、中々安値で買うことは難しいかもしれませんが、常に見ていれば意外に予想外の安値で落札できてしまうこともあったりします。

人が敬遠するものを出す

人が敬遠する商品とはどんな商品でしょうか?

出品にあたっていろいろと手間がかかったり、専門知識が必要な商品です。

カメラ等は有名ですね、専門知識が必要だと敬遠されていますね。

逆の考えをすると人が敬遠する物こそチャンスなのです。
なぜなら人が敬遠するから競争が激しくありません。
なので出品すれば自然と売れやすくなります。

これは面倒だ、自分も人もそう思うものこそ取り組む価値があるのかもしれません。

一例としてカメラを出しましたが、探せばその他にもいろいろあると思います。
最初覚えたりするのが大変かもしれませんが、そこを超えれば後は自分以外にほとんど販売者がいないというカテゴリー・商品もあったりするかもしれませんね。

軽い重量のものを出す

海外に発送する際は、当たり前ですが輸送費がかかります。

重ければ重い程コストがかかります。
下手をすれば商品そのものより出荷コストの方がよっぽど高いということもあります。

この出荷コストは本当にばかになりません。

この出荷コストを抑えることができれば、その分利益も増やすことができます。

重量が軽い商品を出すということは利益にも直結するのです。

配送方法としては、個人的には日本郵便がお勧めです。
DHL等に比べ確かにスピードは劣るかもしれませんが、安さでは断トツです。

とりわけお勧めの配送方法がSAL便・eパケットです。
どちらも安く・日数もそれ程かからないからです。
SAL便でしたら3週間程・eパケットでしたら2週間以内に、ほぼほぼどこの国でも到着すると思います(ヨーロッパや南米等はアメリカと比べて少々時間がかかります)。

軽いものでしたら輸送費も1000円かからない場合もあります。
もはや日本国内の配送費より安いです。

ただ、とにかく安くしたいという理由で船便にしたり、追跡や保証をつけなかったりすることはお勧めできません。

船便は到着までに2~3ヶ月もかかってしまいますし、追跡や保証をつけないと万一届かなかった場合は全額返金といった形で購入者に弁償しなくてはならなくなります。
海外は日本のように郵便物の扱いは丁寧でなく、乱雑に扱われたり、下手をすれば中身を抜かれて盗まれてしまうこともあります。
途中で紛失することもありえます。

ですが保証と追跡をつけていた場合、万一届かなかったり中身が破損していた場合、その保証を受けることができます。
扱う側も万一荷物になにかあった際にはお金を支払って弁償しなければならなくなるので、その分荷物もしっかりと扱い・しっかり相手先に届けようとします。

自分自身もできる限り軽い商品を保証と追跡と共に出荷するようにしています。

時期をずらして出す

タイミングをずらして出荷するという方法があります。

今はたくさんの人が出しているので、あえて今出さず、何カ月かねかせて出品者がほとんどいなくなったところで出すという方法です。

この方法でしたら競争に巻き込まれることはありません。

この“時期”というのは出品する時期だけでなく、購入する時期にも当てはまります。
今は高いのであえて買わずに待つ、ぎりぎりまで下がったところで購入し、利益をのせてその後売るという方法です。

いったんブームが終わったとしても、映画化したり、メディアで取り上げられる等して再度ブームになる時があります。
その時に合わせて出すということもできます。

この時期を読むというのは中々難しい方法かもしれませんが、1つのやり方として取り入れることができます。
ただ、後述する“赤字になってしまった自分の失敗談”の中で詳しくお伝えしますが、これは“諸刃のつるぎ”となる場合もありますのでお気を付けください。

レッドオーシャンに飛び込まない

とりわけ初めてeBayを始める方にお伝えしたいのが“レッドオーシャン”に飛び込まないということです。
レッドオーシャンというのは、同じ商品の販売者が周りにたくさんいる場所ということです。

自然と販売者の間で値下げ合戦が始まります。
これに巻き込まれると悲惨です。
下げても下げてもまた翌週には更に価格を下げてくる販売者が現れ、デフレスパイラルのような状態になります。

ここで仮に売れたとしても、ほとんど利益はないに等しいか、下手をすれば赤字となってしまいます。

圧倒的に他の人よりその商品を安く購入できれば、それでもこのレッドオーシャンに飛び込む価値はあると思うのですが、そうでなければ始めは辞めておきましょう。

レッドオーシャンには大体圧倒的な資金力のある大手の会社が入っていたりもするので、個人ではまともにやっていたら価格でたちうちできません。

赤字になってしまった自分の失敗談

パソコンの前で頭を抱える人(赤字になってしまった自分の失敗談イメージ)

自分は販売したはいいが最終的に赤字になってしまったという経験があります。

利益を出すためには、赤字になってしまった原因を探ることもとても大切です。

ここでは自分自身が赤字になってしまった実際の体験談をお伝えします。
同じような状況に陥らないように参考にしてみてください。

かなり重いもの・大きいものを出してしまった

これはちゃんと売れるな、利益もとれる、と確認して結局とれるどころか赤字になってしまった商品、それが“重量のあるもの”“大きいもの”です。

買う前の写真で、そんな大きくないだろう、そんなに重くないだろうと判断して購入したのですが、実際に届いてみると全然違った。

想定外に重い!大きい!

商品が重ければ重い程送料も高くなります。
また、サイズも規定枠を超えると、選択肢がなくなり、最終的に一番高い出荷方法を選ばざるを得ないケースも出てきます。
日本郵便でいえば、小型の小包でしたら送料の安いSALや国際eパケット等が使用できるのですが、荷物が特定の大きさ・重量を超えるとEMSという日本郵便の中で一番高い出荷方法しか選ぶことができなくなります。

事前に商品の重量とサイズもしっかりと確認した上で利益は計算しましょう。

ちなみに自分が大幅な赤字を出したのはDJの方が使うターンテーブルです。
重いのは知っていたのですが、あんなに重いとは予想していなかった、おまけに購入された方が南米と出荷コストもかかる国だった・・。

壊れやすいものをだしてしまった

フィギュアを出して売れたことがあり、通常通り売れたら、手数料など全てひいても1万数千円の利益になる形でした。

ですが、これ、壊れやすいフィギュアだったのです。

なぜならプラスチックではなく“陶器製”!
それでもしっかりと箱などに入っていればよかったのですが、中古で買ったため箱等一切なし。
フィギュアを固定する物がなにもない状態です。

代わりに段ボール内で動かないようしっかり固定し、緩衝材などもたっぷり入れて、厳重に梱包したつもりだったのですが、ダメでした・・T T

最終的に内部で破損してしまいました。

唯一良かったのは全額保証の出荷手段にしていたため、弁償はしてもらえた点です。
ですが、本来破損なくちゃんと届いていたら1万円以上の利益になった商品です。

それ以降、陶器製等出荷後に内部で壊れる可能性のある商品はそもそもあまり出さないようになりました。

高い価格で売れている時に売らなかった

正直今売ればそれなりに利益もとれることは分かっていました。

ですが、いやもっとこのまま高値になっていくのでは、とそのままあえて出さずにおいておいたんです。

すると、見事に価格が下がっていきましたね f;^_^

一体どこまで下がっちゃうんだろうというぐらいに。

最終的に今出しても確実に大赤字という状況になってしまいました。

なんか株と似ているな~と感じた体験でした。
買う時期も大切ですが売る時期も大切です。

“商品は時期によって価値が大幅に上がることもあれば大幅に下がることもある”、ということを肝に銘じて出品するようになりました。

偽物を買ってしまった

これは本当にショックでしたね。
しかも自分何度か偽物買ってしまってます・・・。

正直偽物によっては本当に精巧にできています。
自分で手にしても最初全然気がつきませんでした。

ですが、たまたまその後ネット上でその商品についての情報を目にし、なんと偽物が出回っていると。
よ~く見るとデザインの手の位置がほんの少しだけずれているとのことでした。
まさか、と思って自分が購入したものを見てみたら、ずれていました~ T T

それでもまだ運が良かったのは、自分がその商品が偽物だったことを販売者に告げると、ちゃんと返金してくれました。
でも、恐らくこの方確信犯だとは思いますが、メッセージのやり取りでなんとなく分かりました。

人によっては偽物ではないと言い張るか、そのまま音信普通です、なんでまだ自分は運が良かったケースです。

人気の商品になればなる程偽物も出回ります、しかも最近の偽物はかなり精巧で一目見ても本物の区別がつかないぐらいです。
もちろん一目で分かるお粗末な偽物ものもたくさんありますが。

商品仕入れの際は、しっかりと写真を全て確認し、説明欄も確認し、販売者の評価にも目を通してください。

くれぐれも偽物・贋作にはお気を付けください。

利益を出せる人の特徴

利益を出せる人の特徴イメージ

実際利益を出せる人というのはどういう人なのでしょうか?

すばぬけた才能がある人なのでしょうか?

もちろんそういう方もいると思います。
ですが、それは本当にごくごく一部の人です。

それがメインの理由ではなりません。

これはeBayに限らずどんなビジネスでも共通するのですが、自分が利益を出していると感じる人には以下の特徴があります。

最後まで諦めずトライ&エラーを繰り返す

とにかく、利益を出している人は圧倒的に時間を費やしています。

これはeBayに限りません。
えっ?そんなに?というぐらいの時間を最初注ぎ込んでいます。
もちろん、その後はシステム化や外注化等して圧倒的に時間がフリーになる人が多いです。

しかもあれこれいろいろな手法にふらふらせず“一点集中”です。
これの方が最終的に効率が良いのです。

ちょっと調べて分からないし難しいからもういいや、とすぐ諦めたりもしません。
トライ&エラーを成功するまで繰り返します。

このいい意味での諦めの悪さ・粘り強さが共通しています。

勉強と努力を惜しまずアウトプットに繋げる

本を買ったり、セミナーに出かけたりして、常に勉強をしています。
自己投資にかけるお金は惜しみません。

ちなみにここで大切なのは、本読んで・セミナー聞いて、良かったおしまい、ではありません。
それでは俗にいう“ノウハウコレクター”で終わってしまいます。

利益を出す人とノウハウコレクターとの決定的な違いは、学んだことをすぐアウトプットすることです。
自分のこの英語ブログの中でも強く言っていることになります。

インプットをしたらアウトプットをすることで初めて身に付く、形となって現れるのです。

学ぶだけでしたらそれこそ五万という人がいます、ですが本当にアウトプット、つまり実際に行動に移すことができる人はごくごく一部です。

この学んだ後のアウトプット・行動がその後大きな差を生み出すのです。

メンターがいる

“メンター”、つまり誰かしらその分野で教えてくれる人を持っているということです。
それは人でなくてもコミュニティーといった場所でも良いかもしれません。

本当に一部の天才を除いて、自分1人でその道を学んで極めていくことは相当困難です。
野球やサッカーでもなんでもそうですが、コーチや先生等教えてくれる人がいて、物事もスムーズに覚えて上達していきます。

その分野のプロに教えてもった方が長い目で考えれば圧倒的に効率的でもあります。
自分が進んでいる道が本当に合っているのかどうか分からない時も、正しいトラックの上に乗せてくれます。

もちろんお金をそれなりに投資する必要はあると思いますが、自分にしっかり合った人を見つければ、後々何百倍以上の利益となって返ってきます。

ここで注意して欲しいのは、中には怪しい人もいるので、そこだけは注意してください。
メンター等を選ぶ場合はしっかりとその人の実績・人柄・言動に矛盾がないか等も確認してください。

と、ここまで言って自分はメンター等いたか、というといませんでした。

自分の場合は本を読んだり、ネットで情報を調べたりといった形です。
正直何十万や何百万等ではなく、お小遣い程度に毎月数万円~10万円程度でよければ、個人だけでもいけると思います。

と言っても、もちろん最初は上記の通りそれなりに自分自身で勉強したり、トライ&エラーしてといった上でです。

数十万円・数百万円ともっと上のレベルと目指す場合は誰かしらから教わったり、コミュニティーに入ったりすることもお勧めします。
その際は、しっかりと自分の目で見極めることは心にとめておいてください。




まとめ

結論としてeBayは競争は激しくなったものの、今でも個人でも利益を上げることはできます。

原因があるから結果があります。

利益を上げられていないなら、きっとどこかに原因があります。

同じ視点で考えず、異なる視点からも見つめてみてください。

また、“トライ&エラー”をすることもとても大切です。
自分自身で経験することで初めて分かることも多いからです。
エラーのリスクは恐いかもしれませんが、そのエラーこそが後々の利益という結果につながっていくのです。
ですが、くれぐれも考えなしの無謀なエラー・博打のようなことはしないように注意してください。

eBayはお金だけではなく、本当にお客さんにも喜んでもらえるので、自分も趣味レベルではありますが今もやっていたりします。
自分だけが利益を得るだけではなく、お客さんにも本当に喜んでもらえる、みんなが幸せるなれることがビジネスの本質だと感じます。

eBayを始めるにあたってこの記事で書いたことが少しでも参考となれば幸いです。