おみくじを引くって英語で何で言うの?

おみくじを引くって英語で何で言うの?

新年とっくに明けましたが明けましておめでとうございます!

早速初詣に行っておみくじを引いた方もいたのではないでしょうか。
と言っても今年は状況的に例外な方も多かったかもしれません。

例年ですと初詣と同時におみくじを引く方は多いと思います。

このおみくじをひくって英語ではなんと言うのでしょう?

また、おみくじには大吉・中吉・凶等ありますが、それぞれの英語も気になるところです。

ここではおみくじを引くという英語表現と各おみくじの英語表記についてもご紹介したいと思います。



おみくじを引くは英語でなんて言うの?

おみくじは英語でFortune slipsまたはSacred lotsです。
説明的にFortune-telling paper stripsとも言うことができます。

Fortune“富・財産・運・運勢・運命・幸運”という意味があります。
Slipには“紙片・小片・伝票”といった意味があります。

運勢の紙切れ、ということで Fortune slipとなるわけですね。

一般的におみくじは紙が大半だと思うのでここではslipとしましたが、もし細長い木のおみくじの場合はFortune stickとなります。

Sacredには“神聖な・聖なる”という意味があります。
Lotには様々な意味があるのですが、その中の1つに“くじ・くじ引き・抽選”という意味があります。

神聖なくじSacred lotsということですね。

Fortune-telling“占い”という意味です。
ちなみにFortune-teller“占い師”という意味になります。

おみくじを引く引くDrawを使うことができます。
Drawには“引く・引っ張る・引き寄せる”という意味があります。

Draw a fortune slip“おみくじを引く”という意味になります。

神社でおみくじを引きました
I drew a fortune slip at a shrine
おみくじを引いたら大吉でした
I drew a fortune slip and it said greatest luck (great blessing / great fortune)

おみくじの大吉・中吉・凶は英語でなんて言う?

おみくじには大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶・大凶等いくつか種類がありますね。

それぞれの英語はどう表現できるかみてみたいと思います。

大吉は最も良いので、“The best”です。
最上級にしてThe greatest luckとも言うことができます。
祝福・恩恵という意味を持つ“Blessing”を使って、Great blessing幸運という意味を持つ“Fortune”を使ってGreat fortune、とも表現できます。

中吉は真ん中なのでMiddle luckまたはMiddle blessingです。

小吉Little luckまたはSmall blessingです。

Curseです。
Curseには“悪態・罵りの言葉・呪い・災い・不幸の種”といった意味があります。

不運・不幸という意味を持つUnluckinessも使うことができます。

最後が一番下とされる(見方によって一番上かも)大凶
こちらはGreatを使ってGreat curseと表現することができます。

Greatというとプラスの意味で最高のこと・素晴らしいとに使うイメージがあるかもしれませんが、逆にマイナスの意味で最悪のこと・最低のことに対しても使うことができるのです。

凶を意味するUnluckinessを使い大凶はWorst unluckinessと表現することもできます。

省きましたが吉に関しては神社によって中吉の上だったり、下だったり、意味合いが変わってくるので、Good luckやBlessing、Small blessingあたり状況に応じてといった形でしょうか。

下記が各おみくじの英語表記まとめです。

大吉:Greatest luck / Great blessing / Great fortune
中吉:Middle luck / Middle blessing
小吉:Little luck / Small blessing
凶:Curse / Unluckiness
大凶:Great curse / Worst unluckiness

おみくじを引くの英語まとめ

Draw a fortune slip“おみくじを引く”という意味になることが分かりました。

また、LuckBlessingFortuneCurseを使って表現できることが分かりました。

おみくじは日本独特のものでもあるので、あくまで英語で説明・表記するとしたら、といった形になります。

先日自分はとある神社の前を昼頃自転車で走っていると、すごい行列ができていました。

気になって名前を調べてみると、穴神社とのことでした。
どうやら特別なお守りがこちらの神社ではもらえるようで、そのお守りのための行列だったようです。

ちなみにお守りは英語で“Charm/Amulet”です。

自分は誰もいない夜遅くに再び行ってみましたが、誰もいないひっそりした穴神社の雰囲気がまた良かったです。

今年もまだ始まったばかりですが、変わらず英語は日々勉強し、ここで少しでも役立つことのできるような情報も掲載していきたいと思っておりますので宜しくお願いいたします。